shoken

LTspice

電源(Independent Voltage Source)の設定方法

LTspiceの電源設定で使用する「Indepedent Voltage Source」の設定方法について解説をします。ここでは、PULSEやSINEの出力波形と、EXP、SSFM、PWLといった指数関数や変調など、特殊な設定についても画面とシミュレーション結果を用いて詳しく解説していますので参考にして下さい。
セミナー

CR回路の過渡現象について調べてみた

コンデンサやコイルが接続されている回路では、電圧や電流が変化すると短時間の間に不安定な状態となる現象が発生します。これを過渡現象といいます。今回は、CR直列回路で過渡現象について調べてみました。
LTspice

LTspice 電圧表示には気を付けろ

LTspiceでは、回路上の電圧値を波形から計測するのではなく、簡単にコマンドを使って表示させることが出来ます。しかしながら、その時表示している電圧値は、どの時間軸での電圧なのでしょうか。実は、スタート時間0secのときの時間なのです。ですので、PULSE波やSINE波などを入力する回路では使用できません。
LTspice

LTspiceを使ってループゲインを測定する方法

オペアンプは負帰還をかけて回路を構成します。負帰還にすることで、利得が一定で増幅可能となる周波数帯域が広がる特徴があります。負帰還をかけるフィードバック量をループゲインと呼び、一般的にはA・βで表します。今回は、この特徴をLTspiceを使ってシミュレーションしてみました。
LTspice

LTspiceを使ってオープンループゲインを測定する方法

オペアンプのオープンループゲインをシミュレーションするときは、注意が必要です。 理想オペアンプ以外のPSpiceモデルには、入力オフセット電圧もモデル化されているため、オペアンプ単体でオープンループゲインを測定すると、入力信号がなくても電源電圧まで増幅されてしまいます。
LTspice

LTspice XVII ライブラリの構成

半導体メーカーからはシミュレーションするためのSpiceモデルが用意されているため、これをダウンロードして新規追加していきます。LTspiceでモデルを追加する際に覚えておくべくフォルダーの構成について解説します。